2006年08月15日

立つ鳥、跡を濁す。

靖国ヲタ首相、とうとう参拝しちゃいました。
まぁ、予想はしていたことですが、不愉快です。

戦後から現在に至るまでの日本は
あの戦争による数多の犠牲の上に成り立っている。
言い方を変えれば、踏み台にしているのです。

戦場で亡くなった戦没者の方々もまた犠牲者。
我が国のために心ならずも命を賭して戦ってくれた方々への
感謝の想いはもちろん、忘れてはならないと思う。

ただ、どんな理由があろうとも
戦争は互いに傷つけ命を奪う殺し合いである。
米軍の手により失われた日本人の命があり、
日本軍の銃口もまた数多の命を奪っているのです。
そして、多くの民間人も巻き込まれて亡くなっています。

たとえ守るものがある戦いであっても、
敵味方双方の多くの命を踏み台にしていることに
変わりはないのです。

小泉首相は日本側以外の犠牲者のために
どれだけの行動をしてきたのでしょうか?
靖国参拝ほどの注目を集める形でのアクションは
寡聞にして存じ上げません。

「不戦の誓い」は日本人戦没者だけでなく、
敵味方を越えた全ての犠牲者にこそ捧げるべきだと思う。
だからこそ、
犠牲者を抱える中国や韓国の納得を得られない形での
首相靖国神社参拝には反対するのです。

そして一日も早く、
誰もがわだかまりなく犠牲者の魂の安寧を祈ることができる
追悼施設がつくられる日が来ることを願います。

posted by 佐々木大悟 at 14:20| Comment(5) | TrackBack(2) | ニッポンジンに明日はない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。