2007年02月15日

JTの本性

やはりJTさんはマナーを携帯していなかったようで。

JTが「禁煙反対」の組織票、ネットアンケに社員動員
(YOMIURI ONLINE:2月15日付)


 神奈川県が、公共の場所を全面禁煙にする全国初となる条例の制定について賛否を問うインターネット・アンケートで、日本たばこ産業(JT、東京都港区)が社員を動員し反対の“投票”をさせていたことが14日、わかった。

 先月26日の締め切り直前に、反対が賛成を逆転。県はネットを使わずアンケートをやり直す。

 JTは「社員に回答の協力を依頼した」と動員を認め、「条例が成立すれば、ほかの自治体に波及する恐れがあった」としている。

 アンケートは昨年12月27日〜1月26日、県のホームページ上で実施。受動喫煙防止に関する設問の中で、「条例で公共の場所の喫煙を規制すること」について、「賛成」「反対」を聞いた。1月20日ごろまでは賛成が反対を大幅に上回っていたが、締め切り2日前になって逆転した。回答は4047人から寄せられた。

 JT本社は1月、神奈川県を担当する横浜支店(横浜市西区)などにアンケートへの協力を複数回にわたり依頼、支店から社員全員に伝えたという。社員が、それぞれ担当するたばこ販売店にも回答を依頼していたとの情報もあり、JTは「調査する」としている。

 アンケートは誰でも参加でき、ネット上でアドレスを登録すれば1度回答できる方式だった。松沢成文知事は「システムの改良が必要だ」と話している。


電車の車内広告などで一所懸命に喫煙マナーの啓蒙しているように見えるJTですが、一皮剥けばこんなもんですか。
やはり結局のところはアリバイ作りだったんですね。

ワタシ自身はJTのマナー啓蒙活動に対しては以前より懐疑的に見ていました。一連の広告の内容を見ていて、たぶん「携帯灰皿を持っていれば歩きタバコはOK」ぐらいのラインを防衛線としてJTは考えていたんじゃないかと思うのです。
まぁ、真の意味での喫煙マナーが浸透してしまったらJTは商売上がったりです。本気なハズはないでしょう。そこに受動喫煙の被害に遭う人の視点など入り込む余地はありません。

世界の趨勢に反して「タバコは毒」と未だにハッキリ書かない。
この分野でも日本は「恥ずかしい国」です。
posted by 佐々木大悟 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | タバコをぶっ潰せ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

「健全」って何だろう。

忙しいので一言だけね。

自分達が欲しいからって後先考えずに
子供を二人以上欲しがるってのと、

教育に費やす時間とかお金のことを
マジメに考えて子供は一人でガマンしようってのと、

どちらが「健全」なんですかね?
結局はその人の価値観次第じゃないッスか。
「こっちが健全」なんて
お偉い大臣様に口出しされる問題じゃないですよ。
posted by 佐々木大悟 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ニッポンジンに明日はない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。