2007年03月31日

狂っている…。

道徳観に点数などつけて良いのだろうか?

教育再生会議:「道徳」を正式教科に 第1分科会で一致
(MSN毎日インタラクティブ:3月30日付)


 政府の教育再生会議の第1分科会(学校教育)が29日、首相官邸で開かれ、道徳教育を小中高校を通じた「正式な教科」と位置づけることで意見が一致した。道徳教育は現在、絶対評価(小学3年以上3段階、中高5段階)の対象外だが、将来は対象に加える方向で検討し、5月に出す第2次報告に盛り込むことでおおむね合意した。

 道徳教育は、学習指導要領で国語や算数などの教科とは別の領域とされる。小中学校で年間35時間の「道徳の時間」があるほか、小中高を通し音楽や体育など学校の教育活動全体を通じて実施するものとされている。

 しかし分科会後の記者会見で、小野元之副主査(元文部科学事務次官)は教科とする方向で一致したことを明らかにするとともに、教科名を徳育に改めることも提唱した。道徳教育をめぐる現在の状況については「道徳教育に不熱心な教師がおり、教材も充実していない」と語った。

 道徳教育は、指導要領で「自分自身」や「他の人とのかかわり」など指導上の4視点を示し、授業では「心のノート」などの副読本が使われている。教科になれば教科書検定を通過した教科書の使用が義務付けられる。

 教科化は法改正は必要なく、指導要領を改定すれば可能。ただし、中央教育審議会(文科相の諮問機関、中教審)の審議を経る必要があり、再生会議の2次報告に盛り込まれた場合、中教審の判断が焦点となる。教育関係者や野党からは「戦前の修身教育の復活」との批判も出そうだ。

 この日は第1分科会に先立って総会が開かれ、安倍晋三首相が「(教育を)変えようとすれば抵抗がある。抵抗をエネルギーに変えてもらいたい」とあいさつした。
(引用ここまで)


ありえない。
文化や宗教、価値観が違えば道徳観も違ってくる。
国内だって都心と地方では自ずと違った道徳があるはずだ。

違った価値観を持った人間に
点数で「道徳がない」というレッテルを貼る国…。
日本はますます恥ずかしい国になる。
ラベル:教育 道徳 安部
posted by 佐々木大悟 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(2) | ニッポンジンに明日はない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

当然と言えば当然。

東京五輪はやっぱり不要です。

20070319.gif
(毎日新聞:3月19日付)

アンケート自体、毎日の読者層に限られるので
ある程度のバイアスは掛かっているでしょうが、
心強い結果ではあります。
posted by 佐々木大悟 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京五輪は来ない。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。