2007年04月12日

連帯保証人

それってホントに良いことなんですか?

給食費滞納、宇都宮市が確約書配布…「保証人」に苦情も
(YOMIURI ONLINE:4月12日付)


 宇都宮市教委は、市立小中学校93校に通う児童・生徒(約4万人)の保護者全員に今年度から「給食費納入確約書」の提出を求めることを決め、書類の配布を始めた。
Click here to find out more!

 支払いが滞った場合に備えて連帯保証人も求めており、保護者からは「きちんと払っているのに保証人まで必要なのか」などと苦情が寄せられている。

 確約書は市長あてで、「私は、学校給食費を納入期限までに納入することを確約します」という内容。連帯保証人については住所、氏名、電話番号を記すほか、押印も求めている。

 昨年5月現在、同市で2001年度〜05年度分の給食費について滞納がある人は、702人で、滞納額は約3289万円。昨年9月以降、悪質な滞納者に対して簡裁への支払い督促の申し立てなどを行った結果、今年2月現在、滞納は446人、約2414万円に減少した。

 しかし、06年度も新たな滞納があり、市教委は「保護者の意識を高めるため」と確約書を求めることにした。ただ、「給食費を払っているが、保証人の選定は難しいという場合は、個別相談に応じるよう校長にお願いしてある」という。保証人の記入欄がある確約書を求める方法は、長野県伊那市教委が05年度から行っている。


ブログを見てると「仕方ない」「良い事だ」って反応が多い。
確かに給食費を払えるのに払わない人がそもそも悪いし、
それだけこの連帯保証人という日本特有の習慣が
浸透しているってコトなんでしょうけど、
「連帯保証人」の持つ問題点について
目をつぶり過ぎているんじゃないかってワタシは思うのです。

親御さんがそういう習慣のない外国出身だったら
困惑するだろうし、お国柄によっては憤慨もするでしょう。
日本人でも保護者以外に親戚がなく、
保証人を頼める人が身の回りにいないケースもある。

連帯保証人を頼める人がいるって
みんなが思っているほどアタリマエな事じゃなくって
本当は幸運なことなんですよ。
posted by 佐々木大悟 at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ニッポンジンに明日はない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

問われるは都民の知性

理詰めで考えれば
2016年・2020年に東京五輪が実現する可能性が
極めて低いと判るはずだ。

その招致に多大な金銭と人材を費やすことが
いかに愚かな事か。
我々庶民にそのツケが回されてから
初めて怒ったのでは遅い。後の祭りだ。

先日の東京マラソンは確かに成功した。
だからと言って来年も開催して成功するとは限らない。
10年続けて成功の実績を重ねて、
それから招致したほうが
五輪そのものの成功にプラスになるだろうし、
タイミング的にも丁度良いのではないか。

何度でも言おう。東京五輪は来ない、と。
posted by 佐々木大悟 at 02:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 東京五輪は来ない。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

感覚が麻痺している?

ニュース自体よりも、それに対する反応に驚いています。

NHK、大リーグ情報に時間割きすぎ…尾身財務相
(YOMIURI ONLINE:4月6日付)

 尾身財務相は6日午前の閣議後の記者会見で、米大リーグ、レッドソックスの松坂大輔投手が初勝利を挙げたことに関連し、「この種の問題をNHKが毎朝取り上げるのは、全体のニュースのバランスから見て問題があるのではないか」と述べた。

 NHKがニュース番組で米大リーグ関連の情報に多くの時間を割いていることに対し、「世界の動きについての放送を多くしてくれないと、公共放送としての意味が薄れてくる」とも述べた。

(引用ここまで)


まぁ、開幕直後のこのタイミングで
たまたまイチロー、松井、松坂の試合に時間差があったから、
MLBに割く時間が急激に長くなったんだ、とは思います。
興味のない人にとってはムッとするのかもしれませんね。

ただ、それを大臣の肩書きを持っている人が、
社会的に影響力を行使できてしまう立場の人間が
公の場所で簡単に言うもんじゃあないでしょう。

それよりも、大臣の意見に賛成するがあまり
この事を問題視しないブログ記事の多さに驚きました。

端的に言ってしまえばメディアに対する政治介入。
題材が娯楽だからといって
許されるべき性質のものでは本来ないはず。

命令放送の件や「あるある問題」をきっかけとして
最近政府・与党のメディア介入に積極的さが目立つ気がします。
国民の側にそれを警戒するそぶりが薄れているのが、
ワタシ的には地味に怖かったりするのです。
posted by 佐々木大悟 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ニッポンジンに明日はない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。