2008年02月18日

日本は暴力に屈する国か

ども、佐々木です。
迷惑トラバ掃除のついでに復活してみました。

日教組会場問題:教研・全体集会を中止、史上初 ホテル、拒否崩さず
(毎日jp:2月2日付)


色々な意見があるようですが、
ワタシが一番理性的な反応だと感じたのは次の記事でした。

プリンスが日教組を拒否…ミンボーの女を呼べ。
(ホワイトルーム:2月4日付)


プリンスホテルという大企業が暴力に屈して、
裁判所の下した決定に公然と背いたっていう事実。
それは法治国家で起こりうるべきことではないんじゃないか。

舛添厚労相「教研集会宿泊拒否、旅館業法違反の疑い」
(NIKKEI NET:2月18日付)


これでプリンスホテルに何のペナルティも下されないのだとしたら、
日本の先行きが非常に怖いです。

posted by 佐々木大悟 at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ニッポンジンに明日はない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする