2005年07月21日

そりゃ差別でしょ。

「若隠居の徒然日記」ってblogがあったのですが、
『「賃貸住宅をピンクに塗った韓国人がいたのでうちは韓国人お断り」という主張は差別です』
って記事を出したら反論コメントの嵐に遭っちゃって、休止に追い込まれてしまいました。

おかしいですよ。

入居希望者を韓国人という理由だけで、
住宅をピンクに塗り倒した奴と同じ
アンポンタンと決め付けます、と主張しているわけでしょ。
大家側に同情すべき経緯があったとしても
差別は差別です。

反論コメント軍団の中に
「自己防衛のためには許容されるべき差別だ」
みたいな事を言ってた人もいたけどさ、
差別はいけないよ、やっぱ。

昔のアメリカとか南アフリカにあった黒人差別、
日本にだって部落差別という問題が残っている。
これだってさ、昔の人が
当時の価値観に照らして「必要に迫られて」始めた事が
結果的に「差別」になってるわけじゃない?

「差別じゃなくて区別」とか「必要悪」なんて言ってますが、
そういう逃げ道を作ってると、
「区別」「必要悪」と呼んでいた行為は
簡単に「差別」へとエスカレートするんですよ。
人間って、そんなに賢くは振舞えません。残念ながら。

だから、できるだけシンプルに
「差別はアカン」という原則を持つべきだと
ワタシは思う。

「若隠居さんの意見に味方するよ」って
トラックバックしようと思ってこの記事を書いていたのに
非常に残念です。あ、念のため書いときますが、
この記事に関しては親韓・親中の意図は全くありません。

戦後生まれで戦争に加担してない我々の世代まで
「日本人」というだけで悪人呼ばわりする
反日な朝鮮人や中国人の行動も
もちろん日本人に対する立派な差別です。
それに対しては正直言って怒っています。

ただ、
朝鮮人・中国人だというだけで悪し様に言う
日本人が増えていることにも
ワタシは同じくらい落胆しています。

仲良くやれないというなら、それは仕方ない。
ワタシだって生活習慣の異なる
外国人と上手く接する自信は無い。
けどさ、
住む所とか国籍とか民族とか肌の色とか、
それだけを根拠にして
目の前にいる奴の人間性を決め付けるなんてやめようぜ。
アホらしい。

最後に、若隠居さん所みたいになりたくないので、
この件について当blog上で議論するつもりはありません。
なので、この記事はコメント受け入れなしの設定とさせて頂きます。
また、他の記事に吹っかけて来ても
レスなしでコメント削除しますので、そのつもりで。
ウチは本来娯楽系のblogだしさ、そこんトコよろしく。
posted by 佐々木大悟 at 02:34 | TrackBack(1) | うなずく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9446864

この記事へのトラックバック

若隠居さんが隠居?!
Excerpt: 遅ればせながら・・・ >怒り屋長助さん コメントありがとうございます。 タミヤが定期的に開催している 「人形改造コンテスト」には 本来のミリタリーはもちろん、 映画、アニメ、スポーツなど様々なジャンル..
Weblog: 憂しと見し世ぞSE
Tracked: 2005-07-23 12:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。