2005年10月01日

小泉、諦めろ。

久々にスカッとするニュースが飛び込んできました。

首相靖国参拝:大阪高裁、初の違憲判断 職務行為と認定
(MSN-Mainichi INTERACTIVE:9月30日付)


前日に東京でアホな判決がでた直後だけに、
めちゃ気分いいです。

ていうか大阪高裁、芸術的とも言える名裁きッスよ。コレ。
判決理由で違憲であると断じながら、
原告への損害賠償支払いなしとしたのがミソですな。

形式的には原告敗訴だから、
被告側(首相・国・靖国神社)が上告することは事実上出来ない。
原告が金目当てのアホンダラでなければ、
違憲判断が確定できるって寸法なんですよ。
最高裁まで持っていくと、
アホな裁判官が屁理屈つけてひっくり返すとも限らないからね。
実に素晴らしい判決です。

損害賠償なしもワタシは妥当だと思うし。

首相は「理解できない」と仰っているようですが、
これしきの事が理解できないほど頭が悪いのなら、
首相などお辞めなさいって。

日本国は法治国家ですから、首相はちゃんと憲法を守ってください。
悔しかったら憲法変えてみろっての(笑)。
posted by 佐々木大悟 at 03:37| Comment(0) | TrackBack(1) | ニッポンジンに明日はない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

靖国参拝に違憲の判断〜首相の立場〜
Excerpt:  また、こんな事を書くと「叩かれ」そうですが、怖れずに書いてみます。題材は、今日の大阪高裁であった「小泉首相靖国参拝」違憲「判決」です。 <首相靖国参拝>大阪高裁、初の違憲判断 職務行為と認定  ..
Weblog: Re:F's blogroom
Tracked: 2005-10-01 17:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。