2006年07月21日

昭和天皇、A級戦犯合祀に不快感。〜「賛成本」感想・番外編〜

こんなニュースがあって吃驚しました。

昭和天皇:A級戦犯の靖国合祀に不快感 元宮内庁長官メモ
(MSN毎日インタラクティブ:7月20日付)


ワタシは前回こんな記事を書いちゃったもんだから、
正直このニュースに対する心境は微妙です。

靖国神社はその性質上、立場が偏るので
「不戦の誓い」で首相が公式参拝するには相応しくない。
だけど、A級戦犯の合祀自体は
「天皇家のために戦い命を落とした方々を祀る」
という靖国神社の趣旨に矛盾しないんじゃないの?だったらOKじゃん。
ってのが前回の記事の要旨なわけです。

けど、今回のニュースは天皇家の当時の当主である昭和天皇が
A級戦犯合祀に不快感を持っていたという話。
たぶん色々難しい話になるんだろうけど、
「天皇家のために」って神社が天皇陛下の意向に背いていた
ってのはどうよ?とは思うわけです。

少なくともメモの信憑性が十分であれば、
A級戦犯合祀の肯定派の方々は
自分達が思っているほど天皇陛下の御叡慮を理解してなかった、
ということになりますよね。

書きっぱなしで申し訳ないですが、この辺で。
昭和天皇も今上陛下も、ちゃんと世の中を見ていらっしゃる。
そのこと自体はとても嬉しく思います。
posted by 佐々木大悟 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 靖国問題を読む2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

A級戦犯、合祀はOKでしょ?〜靖国問題「賛成本」感想A

3ヶ月ぶりになってしまいました。ようやく本編です。

「賛成本」のサンプルは『靖国神社と日本人』(PHP新書:小堀圭一郎著)。選んだ経緯は前回の記事をご覧ください。そんなに立派な理由じゃありません。

この本を読んでワタシが考え方を変えたのは、A級戦犯の分祀について。結論から言ってしまえば、「分祀は必要ないんじゃないかなぁ」と今は思うわけです。
靖国神社は天皇家のために戦って命を落とした人々を祀る神社なんだから、天皇家の名の下で戦った太平洋戦争を主導した立場の方々がここに祀られるというのは当然です。敵方である連合軍側の軍事裁判で一方的に裁かれて死刑になったのは戦死も同然、という論法にも異議はありません。

その上で、ワタシは首相の靖国神社公式参拝に反対します。

お国のために死んだのは、何も皇軍の兵士だけじゃない。後に賊軍とされた徳川幕府だって大政奉還までは日本国のために重責を担ってきたし、西南戦争の薩軍側にも維新に大きく貢献した人物は沢山います。
戦争で死んだのも靖国に祀られている英霊達だけじゃない。殺し合いなんだから敵方の兵士だって死んでいるし、日本人でも戦争の犠牲になりながら靖国に祀られていない民間人は膨大な数に上ります。
「不戦の誓い」は彼らの前でこそ必要ではないのでしょうか?

小泉純一郎氏個人として見た場合、先祖を敬おうというその姿勢は立派だ。だが、靖国神社は基本的に皇軍の兵のみを祀る場所です。その性質上、敵味方の壁を越えられない靖国神社という場所で、公式に「不戦の誓い」を行なうというのは極めて偏っていると感じてしまうのです。

皇軍と、戦った相手の兵士と、巻き込まれて亡くなった武器を持たない人々。「不戦の誓い」と言うならばその全ての人々に対して行なわれるべきではないでしょうか。

だから、無宗教の慰霊施設には大賛成です。敵味方を、国籍を超えて祈りを捧げるには無宗教である方が望ましい。

…あ、本の内容には全然触れてないや。ゴメン。
posted by 佐々木大悟 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 靖国問題を読む2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

『靖国神社と日本人』〜靖国参拝「賛成本」感想@

予告」から1ヶ月以上経ってしまいましたが、
首相靖国参拝「賛成派」の本の感想文を
ちまちまと書いてみることにしましょう。

「賛成本」の代表として選んだのは
『靖国神社と日本人』(PHP新書:小堀桂一郎著)。
なんでこの本か?というと、他に買えなかったから

いや、職場近くの大型書店を探したんですよ。
でも首相の靖国参拝に賛成する立場の本って、
すぐ売り切れちゃうみたいで…。
「靖国マンセー」な本って、金になるんですね(笑)。

で、ようやく見つけたのがこの本ってワケでして。
結果的にサンプルとしては好適だったんですがね。
というのは、
小泉純一郎氏が首相になる前の1998年の本なんですよ、コレ。
つまり「小泉首相の威を借りて反対派をやっつけよう!」
みたいな動機で書かれた本ではない、ということです。
だから、
靖国問題そのものを見つめるには
ノイズやら変なバイアスが
少なくて良いんじゃないかと思うわけで。

どうも最近はブログで長文書くのが辛いんで、
たぶん皆さんが忘れ始めた頃に
読み直しながら少しずつ感想文を書くつもりであります。
それでは。

posted by 佐々木大悟 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 靖国問題を読む2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。